言語の選択:

所在地・アクセス

 一般社団法人 日本高圧力技術協会 
〒103-0023
  東京都中央区
  日本橋本町4-7-1
  三恵日本橋ビル7階 
 
 TEL : 03-3516-2270
  FAX : 03-3516-2271
  E-mail : hpi@hpij.org

 

 High Pressure Institute of Japan
4-7-1,
Nihonbashihoncho, Chuo-ku, Tokyo 103-0023, Japan

※当協会事務所は平成28年8月29日(月)より、事務所を移転しております。

 詳しくはこちらをご覧ください


所在地.pdf
アクセス
 
Copyright©1999-2011
一般社団法人 日本高圧力技術協会
 (High Pressure Institute of Japan)
 
パブリックコメント
パブリックコメント[根記事一覧]

admin2013/04/04 14:01:27

パブリックコメントの募集について
 日本高圧力技術協会では, 民間規格である日本高圧力技術協会規格 (HPIS) の制定・改正に際しては, 一般の方々からのご意見を広く募っております.
ご意見がある場合には, ご氏名, ご連絡先 (住所, 電話番号, 電子メールアドレス), 
ご所属 (会社名, 団体名等) を明記のうえ, 文書にてご提出下さい.
 なお, お寄せいただいたご意見については、個別の回答はせず,検討結果をまとめて公表させていただくこととしておりますので、あらかじめご了承願います。

  意見募集対象案件
 
HPIS C 104 2018 圧力容器及びボイラ用材料の許容引張応力表(引張強さに対する安全係数4対応)本体, 解説.pdf




改正趣旨     
 以下の内容変更に対応するために、改正を実施しました。 
 2012年にHPIS C 104:2011追補1を発行して以降に申請のあった新規材料の登録への対応とともに、原案作成委員会において原案の作成を担当しているJIS B 8265:2017の許容引張応力表との整合をとっている。これには、HPIS C 104:2011に採用されている材料のJIS (例えばH3100等の材料規格)の変更への対応が含まれている。また、発電用火力設備の技術基準の解釈が2016年に改正され、引張強さに対する安全係数が4から3.5に変更されたことを受けて、HPIS C 104:2011からは該当する材料を削除することとした。

募集期間  
 平成30年10月4日(木)~平成30年11月5日(月)

   
  意見記入要領
  1.意見記入様式.docに従い、ご記入下さい。
  2.ご意見は、1枚につきひとつの意見とその理由をご記入下さい。
  3.ご意見の該当箇所(ページ等)をご記入下さい。
  4.電子メールにてお送り頂く場合、記入様式をお使いになる必要はございませんが
       必要事項は全てご記入下さい。
  5.電話によるご意見の提出には対応しかねますので、あらかじめご了承ください。

    提出方法、提出先 
   
以下の宛先へ、FAX、E-mailでお送り下さい。
   (一社)日本高圧力技術協会 圧力設備規格審議委員会 事務局 田中夕香子
   FAX:03-3516-2271
   E-mail:hpispv@hpij.org
   
  個人情報の取扱いについて
  パブリックコメント提出の際に氏名、ご所属先、連絡先等の個人情報を収集します。これらの情報は、パブリックコメントの審議、対応についてのご連絡以外に使用することはございません。
 お寄せいただいたご意見の内容は、全て公開される可能性がありますので、ご了承ください。
 なお、ご意見中に、個人に関する情報であって、特定の個人を識別し得る記述がある場合及び法人等の財産権等を侵害する恐れがある場合には、当該箇所を伏せさせていただきます。
 メニュー → 「個人情報保護方針」も併せてご参照ください。